要介護認定の基準やプロセスについて

要介護認定の基準やプロセスについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

介護保険サービス受けるには、最初に要介護認定が必要です。日本介護保険制度において、被保険者が介護を必要とする状態であるということを、保険者が認定するものです。介護認定には、5ステップがあります。

 

要介護認定の基準やプロセスについて

 

要介護認定

 

介護保険を使うには、まず必要とする高齢者あるいは保護者が、行政当局(市区町村)に対して利用申請を行います。当局が認定した場合に給付されます。これを『要介護認定』といいます。認定度は、7段階の要介護度に振り分けられます。

 

それによって、受けられるサービスの種類と利用限度額が決まります。

 

スポンサーリンク

 

手続き方法ですが、以下の通りです。

 

@居住市区町村の窓口に申請書を提出します。本人または代理人が提出可能です。必要なものは介護保険被保険者証が必要です。(申請)

 

A市区町村では、市町村職員や介護支援専門員が申請者の居宅を訪問して聞き取り調査を行います。「身体機能についての項目」「認知症(千峰についての項目」「医療についての項目」についてです。(訪問調査)

 

B調査結果をコンピュータ判断にかけられます。(1次コンピュータ判定)、通過すると2次判定(介護認定審査会)にかけられます。ここでは主治医の意見書や訪問調査の特記事項を見て、要介護度を決定します。決定すると、30日以内に書面で申請者に通知されます。(認定通知)

 

介護認定審査会は、人口6万人に1つ設置されています。構成は5名、医師、歯科医師、保健婦、看護婦、社会福祉施設関係者です。認定された要介護度に不服がある場合は、都道府県の介護保険審査会に不服申し立てができます。

 

訪問調査に際しての準備

 

訪問調査に際しては、調査員に要介護状態を(要介護度)正しく理解してもらうことが大切です。老人がいつも通りの振る舞いができるように、家族の立会も必要です。認知症の老人は、注意が必要です。

 

普段の介護、痴呆の状態を、記録にしておけば参考となります。調査票には、特記事項の記入欄があります。日頃から困っていることなど伝えることです。要介護度の認定は、正確であるべきです。正しい認定をしてもらうように、努力すべきです。

 

 

要介護認定では、7段階からなる要介護度に応じて利用できるサービスの量が決まる。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ