介護保険の各種サービスについて

介護保険の各種サービスについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

介護保険では、要介護度に応じて介護支援専門員(ケアマネージャー)が、ケアプランを作成します。要介護者は、その通りのサービスを受けるのです。介護給付です。内容は、「居宅サービス」「居宅介護支援」「施設サービス」などがあります。

 

介護保険の各種サービスについて。居宅サービスや地域密着型サービスなど。

 

居宅サービス

 

居宅サービスの種類には、次のものがあります。

 

  1. 居宅での入浴・排泄・食事の介護(訪問介護)
  2. 居宅での看護師等が行う療養上の世話・必要な診療の補助(訪問介護)
  3. 居宅にて心身機能の維持回復を図るために行われる理学療法・作業療法など(訪問リハビリテーション)
  4. 居宅にて医師・歯科医師・薬剤師のが行う療養場の管理・指導(居宅療養管理指導)
  5. デイサービスセンターなどに通わせ、入浴・排泄・食事などの介護、機能訓練を行うこと(通所介護/デイサービス)
  6. 介護老人保健施設や病院、診療所などに通わせ、心身機能の維持回復を図るために行われる理学療法や作業療法(通所リハビリテーション/デイケア)
  7. 老人短期入所施設に短期入所させ、入浴・排泄・食事など介護や機能訓練を行うこと(短期入所生活介護/ショートステイ)
  8. 介護老人保健施設屋介護療養型医療施設などに短期入所させ、看護や医学管理下における介護及び機能訓練を行うこと(短期入所療養介護/医療型ショートステイ)
  9. 老人ホーム内の要介護者に対して行われる入浴・排泄・食事などの介護・機能訓練、療養上の世話(特定施設入居者生活介護)

 

スポンサーリンク

 

地域密着型サービスの種類など

 

『施設サービス』には、3種類があります。「介護福祉施設サービス」「介護保険施設サービス」「介護療養施設サービス」です。

 

市町村での提供サービスは、6つです。「夜間対応型訪問介護」(ホームヘルプ)、「認知症対応型通所介護」(デイサービス)、「小規模多機能型居宅介護」、「認知症対応型共同生活介護」(グループホーム)、「地域密着型特定施設入居者生活介護」、「地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護」です。

 

介護保険の償還払い

 

介護保険や予防給付は、保険から現物給付です。介護保険を使って、事業者などから福祉用具の購入をしたり住宅改修をすると、一度全額を購入者に支払いますが、2〜3ヶ月後に9割が戻ってきます。これを償還払いといいます。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ