医療における現物給付と現金給付の違いについて

医療における現物給付と現金給付の違いについて

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本の健康保険では、診療すること、治療薬や器具などを現物支給するのが一般的です。対して、金銭で給付することを現金給付といいます。これらは、傷病手当や出産一時金、死亡埋葬費などを指します。それ以外では、医療に関しては現物支給というのが基本になっています。

 

医療における現物給付と現金給付の違いについて

 

自由診療と保険診療について

 

病院で診療を受ける時、費用は窓口で支払います。費用を全額負担するのは、『自由診療』といいます。高額医療を行った場合や歯科医で保健適用外の差し歯の素材を使った時などには全額負担しなければなりません。保険診療よりも高度な治療を受けたい場合、自由診療となります。

 

しかし、医療費は間違いなく高額です。殆どの場合は、保健医療を選択するため、かかった費用の3割を窓口で負担します。残り7割は、健康保険から支払われます。これは保険診療です。日本は、国民皆保険制度をとっています。国民は何らかの健康保険に加入しています。7割はそこから負担されます。この7割が、保険給付に当たります。医療給付ともいいます。

 

スポンサーリンク

 

医療では、現物給付が原則

 

保険給付は、現物給付となっています。交通事故では、自動車保険からは現金が支払われます。これは現金給付です。医療保険(健康保険)の場合は、患者本人にお金が支払われることはありません。3割は自己負担をし、7割は保険側から病院へ支払われます。

 

このとき患者は、保険からは医療行為そのものを現物で受け取っています。患者は、保健側から医療という現物支給をされています。これが医療保険の医療給付における現物支給です。日本での医療給付(現物給付)の範囲について示します。医療保険で受けられる医療の範囲は、「診察」「薬剤の給付」「医療材料の至急」「必要な医療」「入院」「入院時の食事等」の6項目です。

 

かつて高齢者は、これらが全て自己負担分ゼロでした。現在は、しかしながら、財政の逼迫から高齢者も自己負担(1割または3割)を強いられているのです。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ