高額医療費制度とは何か?

高額医療費制度とは何か?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

高額療養費というのは、病院窓口で支払う医療費を一定以下にとどめておく目的で支給される金銭とその制度の事を指します。同月内1ヶ月、同一医療機関でかかった費用を合計して、自己負担限度額を超えた分について払い戻しがあります。

 

高額医療費制度とは何か?

 

高額療養制度とは?

 

重篤疾患でかつ入院を伴えば、高額医療が発生します。「健康保険で本人負担額は3割」ですが、金額は家計を圧迫することは間違いありません。日本では、患者負担が一定額を超過した医療を受けた場合は、負担額を軽減する措置が健保・国保にあります。これが「高額療養費制度」です。

 

具体的には、同一月内、同一診療機関で受けた診療の自己負担分が、設定された額(所得に応じて設定:自己負担限度額)を超えた場合、超えた分の金額を保険側に請求(申請)できます。後日(数ヵ月後)に還付支給(払い戻し)を受けられます。

 

スポンサーリンク

 

高額療養費の諸注意

 

高額療養費の支給には、「高額療養費支給申請書」の申請が必要です。申請先は、国保は市町村窓口、社保は各保険組合、共済は共済組合、老人保健は市町村窓口です。老人保健のみ、高額療養費ではなく『高額医療費』と呼びます。

 

申請は1ヶ月に一度する必要があります。医療サービスを受けた翌日1日から受付可能です。(2年間で時効)高額療養費は、医療機関のレセプトから支給額が決定されます。通常は3〜4ヶ月で銀行振り込みで還付されます。

 

 

1ヶ月内に複数の医療機関を受診している場合、申請には、合算できません。各々について申請する必要があります。あくまで、同月内、動医療機関で支払った自己負担限度額超過分が申請対象です。過去12ヶ月以内に、同一世帯で高額療養費を3回受けた場合、4回目からは自己負担限度額が低く設定されます。

 

『特定疾患』は、厚生労働大臣が認めるものです。人工透析などがあります。この治療が長期にわたる場合、保険者から「特定疾患療養受療証」の交付を受けて、それを提示すると自己負担限度額は1ヶ月1万円となります。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ