混合診療が認められる保険外診療

混合診療が認められる保険外診療

このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本では、保険診療と保険外診療(自由診療)を併用することはできません。これを混合診療の禁止といいます。例外があります。厚生労働大臣の定める保険外診療(評価療養と選定医療)についてのみ保険診療との併用が認められています。

 

混合診療が認められる保険外診療

 

混合診療とは?

 

日本においては、『保険診療』は医療保険を使って受診するものです。また、保険を使わないで自己負担で診療を受ける『自由診療』がそれぞれ独立してあります。もし保険診療を選択したならば、途中で自由診療を組み入れたりできないのです。自由診療を最初に選択すれば、保険の適用は一切ありません。

 

この2つの併用は、『混合診療』と呼びます。日本は原則これを禁止しています。混合診療を行った場合は、全額自己負担となります。これは、医療費高騰を阻止するための措置です。もし混合診療が認可されれば、利益追求に走った医療機関は患者に過剰な自由診療を上乗せする危険があります。未然にそのような事態がおこることを回避しているのです。

 

スポンサーリンク

 

保険外併用医療費について

 

医師と患者が双方に自由で確固たる意思がある場合、どうしても自由診療を望む場合があります。未承認薬を自費で使う希望があるときなどの場合です。難病治療には、しばしば現れるケースです。

 

国は、一部例外的に自由診療との併用を認めています。この自由診療部分は、「保険外併用療養」と呼びます。これは、医療技術に関わる『評価療養』と快適性・便利性に関連した『選定療養』からなっています。必然性が高い自由診療について、保険診療と併用が可能となります。

 

医療機関が、この併用医療を採用している場合は、いくつかの条件があります。

 

  1. 内容と値段を院内に大きく提示する。
  2. 患者に事前に説明し、同意を得て実施する。
  3. 実施後、領収書の発行の義務付け

 

患者が知らない間に、高額な自由診療が行われることはありません。

 

 

日本の医療制度では、保険診療と自由診療を両方一度に選択することはできない。





このエントリーをはてなブックマークに追加  

ホーム サイトマップ